ふじみ野市のおすすめ葬儀場・葬儀社をご紹介
ふじみ野市のおすすめ葬儀場・葬儀社をご紹介
TOP » 本当にそこで大丈夫?葬儀サービスの選び方 » 公共斎場or一般斎場?葬儀場選びのポイント

公共斎場or一般斎場?葬儀場選びのポイント

こちらのページでは、公共斎場と一般斎場のメリット・デメリットを比較しながら、葬儀場の選び方のコツをご紹介します。

公共斎場のメリット・デメリット

市町村が運営している斎場で、近隣市町村が共同で運営している斎場が多く、葬儀社が運営している一般の斎場よりも格安で利用できるというメリットがあります。

運営している市町村に住民票がある人が亡くなった、あるいは喪主の住民票がある場合のみの利用に限られるため、誰でも利用できるわけではありません。

また、葬儀の数に対して斎場が少ない、受け入れ時間に融通が利きにくいなど、一般斎場と比較すると制限が多いのがデメリットです。

一般斎場のメリット・デメリット

民間企業である葬儀会社が運営している斎場です。公共斎場と違い、住民票登録で利用が制限されることはなく誰でも利用が可能です。

公共斎場に比べてアクセスが良い、バリアフリー設備が整っている、宿泊施設が充実しているといった施設面での機能性が高いことと、夜間の受け入れ対応や、時間の融通が利き、喪主の希望に応じた葬儀ができるなど、柔軟に対応してくれるのがメリットです。

そのかわり、市町村が運営する公共斎場と比較すると利用料金が割高になる傾向があります。

良いお葬式をするなら一般斎場の方がおすすめ

公共斎場の方が利用料が安いので、極力費用を抑えるのであれば公共斎場の方がおすすめです。

しかし、公共斎場は利用時間が限られていて、サービスも全般的に一般斎場と比べると融通が利きにくいです。また、混雑時には希望する日時に斎場が使えないということもあり得ます。

一般斎場であれば数が多いので、近年増えてきた火葬式や家族葬から、大規模葬まで葬儀の様式も問わず、ぴったりの斎場が見つかる可能性が高いです。

大切な故人との最後のお別れをする場。故人が好きだった花を飾ったり、音楽を流したりして、ゆっくりと大切に故人を送りたいのであれば、一般斎場の方がおすすめと言えます。

ふじみ野市の葬儀社で見積もりしました