ふじみ野市のおすすめ葬儀場・葬儀社をご紹介
ふじみ野市のおすすめ葬儀場・葬儀社をご紹介
TOP » 本当にそこで大丈夫?葬儀サービスの選び方

本当にそこで大丈夫?葬儀サービスの選び方

こちらのカテゴリーでは、失敗しない斎場、葬儀会社などの葬儀サービスの選び方について解説しています。

公共斎場or一般斎場?葬儀場選びのポイント

斎場には市町村が運営している公共斎場と、一般企業である葬儀会社が運営している一般斎場に分けられ、葬儀が執り行える会場という点ではどちらも違いはありませんが、サービスや価格にはそれぞれ違いがあります。

公共斎場は格安で使用できるというメリットがありますが、故人もしくは喪主がその斎場を運営している市町村に住民票がないと利用できない、利用時間が決まっている、サービスに融通が利かないなどのデメリットがあります。

一般斎場は料金は高めですが、誰でも利用できることと、設備も充実していて、サービスに関してもある程度融通が利くのが利点です。

とにかく費用を安く抑えたいという場合には公共斎場、故人との最後のお別れの時間を大切にしたい、細かく段取りを決めて後悔しない葬儀を開きたいという場合は一般斎場がおすすめです。

公共斎場と一般斎場の違いについてもっと見る

悪質業者も…葬儀で本当にあったトラブル

斎場とともに葬儀会社選びにも注意が必要です。「見積もりの金額と請求金額が違っていて、多額の追加料金を請求された」「スタッフの態度が悪い・知識がない」というトラブルはよくありがちです。

中には広告で「霊安室あり」と謳っていたにもかかわらず、式まで故人を車に置き去りにしていたという悪徳業者まで。ご遺体をぞんざいに扱うのは許しがたい行為ですが、こうしたことをする業者もいるのが現実です。

打ち合わせの段階で見積もりをきっちり貰って不明点は質問する、施設を見学して式場や霊安室、宿泊施設などを広告と見比べて嘘偽りがないかチェックすることが大切です。

普段、斎場や葬儀会社を選ぶ機会がなかなかなく、しかも不幸は突然訪れることも多いので、どうしても葬儀サービス選びは難しい面もあるかと思いますが、依頼する前にしっかりと葬儀サービスを比較して選ぶことが重要です。

葬儀トラブルについてもっと見る